住まいのリフォーム 一福ホームサービス - HOME

0120-129845
外壁・屋根塗装
塗り替えについて
工程について
塗装価格
その他
Q&A
会社概要
お問い合わせ
価格破壊
  下請け業者への丸投げ
をしない直接自社施工に
より、低価格でご提供し
ています。
確かな技術
  塗装のプロによる丁寧、
確実な施工で、綺麗によ
みがえると同時に住宅の
寿命は延びます。
保証書発行
  最長10年の保証書を発
行します。
  一福ホームサービスは
オリコのリフォーム
ローン取扱店です。
 
     

塗装用語

あ行 か行 さ行 た行 な行
は行 ま行 や行 ら行 わ行

  RC(アールシー) 鉄筋コンクリートのこと。
上がり框(あがりかまち) 玄関の土間から床への上がり口に設けた化粧の横木のこと。
灰汁洗い(あくあらい) 木製建具、柱などの木製品の汚れを化成ソーダ等の液体で洗い流す作業のこと。
アクリル樹脂(じゅし) アクリルプラスチック、アセトン、化成ソーダなどを主原料とした重合体のこと。
上げ裏(あげうら) 軒先の天井部分のこと。軒天とも言う。
足場(あしば) 工事用に組み立てる仮設作業床のこと。足代(あじろ)とも言う。
足場板(あしばいた) 仮設通路や作業床などに使用している厚板のこと。
足場クランプ 足場を組む時に使う連結部分の結合金物のこと。
遊び(あそび) 間隔にゆとりをもたせたこと。
アンカー ていちゃくのこと。

  糸目地(いとめじ) ごく細い線のような目地のこと。
芋目地(いもめじ) タイル、れんが、などの目地が2段以上連続してあること。
入母屋(いりもや) 上部は2方向勾配で、下部は4方向勾配の屋根のこと。

  ウエス ぼろ布きれのこと。
ウォッシュプライマー 金属面の下地処理に使用する塗料のこと。
浮き(うき) モルタル、タイルなど下地から剥離すること。
打ち継ぎ目(うちつぎめ) コンクリートの打ち継ぎ部分のこと。
ウッドシーラー 木部クリヤラッカー下塗り用塗料のこと。
ウレタン防水(ぼうすい) ウレタンゴムを主材とした塗膜防水
上塗り(うわぬり) 中塗りの上に塗る仕上げ塗りのこと。仕上げ塗り、とも言う。

  エアスプレイ 塗料を霧状に噴出して塗装する道具。
ALC(エーエルシー) 高温高圧蒸気養生して作った気泡コンクリートのこと。壁材
エポキシ樹脂(ジュシ) 1分子中にエポキシ基を2個以上有する熱硬化性合成樹脂のこと。
エマルジョンペイント 樹脂の種類によってアクリル系、合成ゴム系などがある。略してEPとも言う。
縁切り(えんきり) 屋根材の重なった部分に塗料の塊などを最後に取り除く作業のこと。

  オイルステイン 木部塗装で木地を生かした仕上げをする着色塗料のこと。
オイルペイント 油性ペイントのこと。
押し目地(おしめじ) モルタル塗り仕上げ面に目地を付けること。
落とし掛け(おとしがけ) 床の間の小壁の下端に付く横木のこと。
▲このページのトップへ戻る

  鏡板(かがみいた) 格天井(ごうてんじょう)、框戸(かまちど)にはめ込まれる1枚板のこと。
掻き落とし(かきおとし) 塗り壁の硬化前に粗面とする仕上げ方法のこと。
額縁(がくぶち) 窓や出入り口の枠に取り付けた壁の見切り縁のこと。
架け払い(かけはらい) 足場などを組んだり撤去したりする作業のこと。
笠木(かさぎ) 塀、手摺り、などの頂部の仕上げ材のこと。
可使時間(かしじかん) 反応硬化剤で二液を混合してから使用可能な時間になるまでのこと。
壁繋ぎ(かべつなぎ) 足場が外側に倒れるのを防ぐため建物と足場を繋ぐ材料のこと。
がらり 羽板を取り付けた窓の一種のこと。

  生地仕上げ(きじしあげ) 木材の木目、地肌、色合いを生かしたまましあげること。
キシラデコール 木材保存用塗料のこと。(自然の木肌を生かせる)
木摺り(きずり) 塗り壁用の木造下地に用いる小幅板のこと。
疑石(ぎせき) 天然石のように見せた人造石のこと。
脚立(きゃたつ) 高い所で作業するための立体はしごのこと。
霧除け(きりよけ) 窓や出入り口の上に設けた小さな庇(ひさし)のこと。
金属下地処理塗料
(きんぞくしたじしょりとりょう)
ウオッシュプライマーという。
金属前処理塗料
(きんぞくまえしょりとりょう)
エッチングプライマーという。

  食付き(くいつき) 塗料の下地への密着具合のこと。
櫛引き(くしびき) 重ね塗りの場合接着を良くするため下塗り面に櫛目を入れること。
クラック ひび割れのこと。(外壁のひび割れなど)
クリヤラッカー 顔料を入れない透明なラッカーのこと。
車寄せ(くるまよせ) 玄関前の車の発着場のこと。

  蹴上げ(けあげ) 階段の鉛直面のこと。(踏み面に対し直角の面)
ゲル化(げるか) 液体の一部が科学変化などによってゼリー状に固体化すること。
ケレン さび落とし、旧塗膜の除去(下地調整)すること。
研磨紙磨り(けんましずり) 下塗り、中塗りの後にサンドペーパーをかけて 平滑にすること。

  高圧洗浄機
(こうあつせんじょうき)
水を高圧で噴出して塗装前に住宅の汚れを洗い落とす機械のこと。
硬化剤(こうかざい) 塗料などを固まりやすくする材料のこと。
工期(こうき) 工事期間の略語のこと。
工程(こうてい) 作業量を日数に換算して作成した日程のこと。
コーキング材(こーきんぐざい) 壁のひび割れ部分に補充したりするパテ状の材料のこと。
腰(こし) おおむね壁の中央から下の部分のこと。
固定クランプ(こていくらんぷ) 単管足場の結合金具のこと。(2連・3連)などがある。
ゴム状弾性仕上げ材(ごむじょうだんせいしあげざい) 下地のひび割れ追随性を有する外壁の塗装仕上げ材。(ひび割れに強く、住宅塗装仕上げに多く使用しています。)
コロニアル 屋根葺き材料として使われ化粧石綿セメント板のこと。
▲このページのトップへ戻る

  サイディング 外壁に貼る仕上げの材料で(石・石綿セメント板・金属)などがある。
砂骨ローラー 厚膜塗装仕上げに使用されるローラーで壁に柄を付ける時などに使用。
さぶろく 通常3尺×6尺の略語のこと。
サンディングシーラー 木部クリヤラッカー塗装の中塗り用塗料。

  仕上げ塗装 中塗りの上に塗る、上塗りのこと。
CL(シーエル) クリヤラッカーのこと。
シート防水(しーとぼうすい) 合成ゴム・合成樹脂などを原料とした防水布を接着剤でつなぎ合わせ防水層とする防水方法のこと。
シート養生(しーとようじょう) 資材をビニールシートをかぶせて損傷などから保護すること。
シーラー 下地への吸い込み防止、密着性の向上効果を目的とした下塗り材のこと。
シーリング材(しーりんぐざい) ひび割れ、目地の隙間などの水密、気密を保持するための充てんする材料のこと。
下地(したじ) 仕上げ材料の素地のこと。
下地調整(したじちょうせい) 汚れ、付着物の除去、シーラーを塗るなどして、下地をあらかじめ整えること。
下地補修(したじほしゅう) 素地面の補修工事で削ったり、埋めたりする作業のこと。
下見(したみ) 板を横に貼り重ねた壁仕上げのこと。
漆喰(しっくい) 消石炭に砂、すさ、布糊を混ぜ水で練った左官材料のこと。
諸経費 請負金のうち純工事費以外の費用のこと。(現場管理費など)

  水準器(すいじゅんき) 水管内に気泡が入っていて、水平を調べる器具のこと。(水平器)
水性塗料(すいせいとりょう) 膠着剤に顔料を混合した水に溶けやすい塗料のこと。
水密性(すいみつせい) 吸水性・透水性などを含めた耐水性のこと。
スタッコ 大柄の凹凸模様を付けた外装材のこと。
スチップル 表面の小さい波形模様(細かい凹凸)のこと。
スパーワニス 油分の多いワニス(樹脂類を溶剤でうすめた塗料)のこと。
スプレーガン 吹き付け塗装用の工具のこと。
スレート 屋根や外装などに使用される石質の薄い板のこと。

  石膏ボード(せっこうぼーど) 石膏を心にして両面を厚紙で被覆した板のこと。
折板屋根(せつばんやね) 板を折り曲げてW型を連続させて断面形状をもつ屋根のこと。
セラミック 粉を固めて焼いた非金属・無機の固体材。

  素地(そじ) 下地のこと。
素地調整(そじちょうせい) 下地調整のこと。
▲このページのトップへ戻る

  タッチアップ 一度仕上げた所を部分的に修正塗りすること。
建方足場(たてかたあしば) 建物の周囲に設ける建方用の足場のこと。
建坪(たてつぼ) 建物の1階部分の床面積のこと。
建床坪(たてゆかつぼ) 2階建ての建物の場合1階部分の床面積と2階部分の床面積を合わせたもの。
だめ 工事がほとんどほとんど終わったがわずかに残った未完成部分のこと。
だめひろい 完全に仕上げていくこと。
単管パイプ(たんかんぱいぷ) 単管足場などに用いる材料のこと。
単層(たんそう) 中塗り・上塗りの工程を同一材料で仕上げた塗膜のこと。

  チェッキング 塗膜の表面に起こる細かいひび割れのこと。
着工(ちゃっこう) 工事に着手すること。
チョーキング 塗装の表面が劣化によりチョークのような粉をふいた様になること。(白亜化)

  繋ぎ(つなぎ) 足場の倒壊を防止するために、足場と建物を緊結する材料のこと。
坪(つぼ) 面積の単位のこと。約1.82メートル×約1.82メートル=6尺(しゃく)×6尺(しゃく)=1間(けん)×1間(けん)=約3.3uが1坪です。(たたみ2畳分)

  手摺り子(てすりこ) 手摺り材を支える束状の垂直材のこと。
出幅木(ではばき) 壁面より少し出して納めた幅木。
手間(てま) 職人の労力、工賃のこと。
手待ち(てまち) 材料不足のため作業が進められないで待たされていること。
テラコッタ イタリア語の素焼きの意味。(大型タイル)
天窓(てんまど) 屋根面に設ける窓のこと。

  透湿性(とうしつせい) 水蒸気の透過性のあること。
塗装間隔(とそうかんかく) 重ね塗りの1回目と2回目の必要間隔時間などのこと。
塗布量(とふりょう) 仕上げを発揮するのに最低必要とする塗料の量のこと。
トップライト 天窓のこと。
塗布防水(とふぼうすい) 防水層の形成を、防水ざいの塗布する防水のこと。
▲このページのトップへ戻る

  内部結露(ないぶけつろ) 建物内部に生じる表面結露のこと。
中塗り(なかぬり) 下塗りと上塗りの間に塗る層、工程のこと。

  ニス ワニス(樹脂類を溶剤で薄めた塗料のこと。)
人工(にんく) 作業に要する人員数のこと。

  貫(ぬき) 幅10cm、厚さ1cmほどの板材を一般的に貫と呼んでいる(小幅板)とも言う。
濡れ縁(ぬれえん) 雨ざらしとなっている縁側のこと。

  ねた場(ねたば) 工事現場に設けた塗料倉庫のこと。
ネット養生(ねっとようじょう) 塗装をする際、近所への塗料の飛散しないように足場に取り付けるネットの事。
念達(ねんたつ) 工事を始める前に近隣対策として挨拶回りすること。

  軒樋(のきどい) 屋根の雨水を受けるため軒先に付いている樋のこと。
延べ坪(のべつぼ) 坪単位の延べ面積のこと。
ノンスリップ 階段でのすべりを防止するため段板の鼻に取り付ける材のこと。
▲このページのトップへ戻る

  掃きだし窓(はきだしまど) 敷居の状端面が床面と同じ高さの窓のこと。
白亜化(はくあか) チョーキングのこと。
バックアップ材 シーリングの目地底に詰める材料のこと。
刷毛(はけ) 塗装用具の一つで用途に応じて使用する。
パテ 下地処理などに使用する硬いペースト状の充てん材のこと。
破風(はふ) 屋根の切髪についている合掌型の装飾板のこと。
嵌め殺し(はめごろし) 開閉しない固定した建具(窓)のこと。
番線(ばんせん) 足場の架設などに使用する結束用の鉄線のこと。

  ビニルペイント ビニル樹脂を用いた塗料のこと。(VP)
ピンホール 塗膜などの表面に生じた小穴で、欠陥のこと。

  フィラー 隙間(すきま)や穴などを埋める材料全般を言う。(塗装では、下塗り材の弾性塗料などをいう。)アンダーフィラー
葺き足(ふきあし) 屋根の部分でお互いに重ならない露出した部分のこと。
吹付け塗装(ふきつけとそう) 塗料を霧状にして吹き付ける塗装方法もこと。
複層(ふくそう) 下塗り・中塗り・上塗りを異なった塗料で仕上げた塗膜のこと。
プライマー 下塗りに使用する塗料の総称こと。
不陸(ふりく) 塗装面が平らでないこと。
ブリスター 塗膜表面に生じる膨れ(ふくれ)、水泡のこと。

  ヘアークラック 壁等の塗装面生じた、髪の毛位の太さの細かいひび割れのこと。
ヘッド押さえ 壁吹き付け塗装後に凸部分に対しコテなどで押さえる作業のこと。
ペーパー サンドペーパーの略語のこと。

  ポットライフ 2液塗料で塗料液と硬化剤を混合した後の使用可能時間のこと。
ポリマー 重合体のこと。
▲このページのトップへ戻る

  舞良戸(まいらど) 細い棧(さん)を一定の間隔で水平に並べた和風の板戸のこと。
前踏み(まえぶみ) 本足場の建物側の建て地のこと。
マスキングテープ 汚れを防ぐための養生紙貼り付けなどに使用するテープのこと。

  見上げ(みあげ) 軒裏のように見上げる部分のこと。
水洗い(みずあらい) 水で下地を洗うこと。
水切り(みずきり) 雨水が壁面に伝わるのを防ぐため、窓台の下面に設けた溝、立下りのこと。
水研ぎ(みずとぎ) 塗装面を研いで平らな面を作ること。
見てくれ(みてくれ) 仕上がって表面に見える姿のこと。

  起り(むくり) 上方向に対し凸方向に反り返っていること。
棟(むね) 屋根勾配が交わった一番高い所のこと。
棟包み(むねづつみ) 屋根の頂部で山形に傾斜した棟を被う物のこと。

  目地(めじ) ボード類・れんが・ブロックなどの繋ぎ目のこと。
目止め(めどめ) 木部塗装の下地調整の一つのこと。
メンテナンス 保守作業のこと。

  木目(もくめ) 木材の表面に現れる年輪模様のこと。
母屋(もや) 木造住宅、の小屋組において垂木を受け取る部材のこと。
モルタル欠落(もるたるけつらく) モルタルが破損して欠落した状態のこと。
▲このページのトップへ戻る

  焼付け塗装(やきつけとそう) 加熱して塗膜を硬化させる塗装のこと。
やらず 足場などが転倒しないように斜めに支えるつっかい棒のこと。

  有機溶剤(ゆうきようざい) 有機質系溶剤で塗装工事に使われるトルエン・キシレンなどがある。
ゆず肌スタッコ(ゆずはだすたっこ) 石灰質セメントなどを荒吹きして、重量感をもたせたゆず肌状の模様のこと。

  溶剤(ようざい) 塗料をとかすための液体のこと。
養生(ようじょう) 工事中に仕上がった部分を傷つけたり、汚さないように保護すること。
寄せ棟(よせむね) 四方向の勾配屋根で構成されていて、棟のある屋根のこと。
▲このページのトップへ戻る

  ラッカー 硝化繊維素を主原料とする塗料のこと。(乾燥時間が早く、短時間でつやのある固い塗膜ができます。)
ラッカーシンナー ラッカー専用の薄め液のこと。

  リシン仕上げ(りしんしあげ) 外壁の仕上げにおいて、大理石の細砕石を用いたモルタルを塗り表面が未硬化のうちにワイヤーブラシなどで、かき落としたもの。
リターダー ラッカー塗装の塗膜の白化を防ぐ溶剤のこと。
リムーバー 塗装の塗り替え時など、古い塗膜を剥がす時に使う塗布する材料のこと。

  ルーフデッキ カラー鉄板などを折板などに加工した屋根材のこと。
ルーフファン 換気のために屋根に取り付けられた送風機のこと。

  連子(れんじ) 昔から日本建築に用いられてきた細い角材を縦、横に多少の隙間を開けて並べたもので、連子格子などと呼ばれている。
連窓(れんそう) 2つ以上の窓が横に連続したもののこと。

  ローラーブラシ 塗装用具の一つで用途に応じて使用する。(一般的外壁塗装などはローラー塗りが主流となっている。)
陸(ろく) 水平、平坦のこと。(水平な屋根を陸屋根という。)
▲このページのトップへ戻る

  ワイヤーブラシ 針金で出来たブラシで下地の汚れなど落とす時に使用する。
ワニス ニス(樹脂類を溶剤で薄めた塗料のこと。)
▲このページのトップへ戻る


マンション・アパートの大家さん大意歓迎!!
一福ホームサービス 0120-129845 地図拡大
一福ホームサービスにメールを送る

塗り替えについて工程について塗装価格その他Q&A会社概要お問い合わせ
copyright 2005 一福ホームサービス. All rights reserved.presented by 通販ショッピングアイテムプレス